最近はテレビでもさまざまな美容法が取り上げられています。外側からだけでなく内側、つまり食事から取り入れるものもあります。結局どれがいいのかわからないという方の為に、当サイトでは美容に良い食材について調査してみました。ご覧ください。

美容に良い食材について考える女性

美容効果の高い入浴剤ランキング

入浴剤は様々な種類がありますが、特に女性の方は入浴が好きという方も多く、美容に気を配っているという方も多いかと思いますので、ここでは美容効果の高い入浴剤をランキング形式でご紹介していきます。

1位・メディテーションバスα

まずランキング1位に輝いたのは「メディテーションバスα」になります。この「メディテーションバスα」ですが、その美容効果としては血行促進や保湿効果などがあります。
血行促進に関しては「メディテーションバスα」に含まれるアロマティックハーブのリラックス効果も相まって、より高い血行促進効果を期待することができ、これによって代謝がアップされますので、デトックス効果をも期待できる入浴剤です。
保湿効果に関しては水溶性となっている為、肌に浸透しやすくその後は水分を逃がさないように油性成分である「エモリエント」が肌にバリアをしてくれますので、潤いを閉じ込めることができます。

2位・ミネラルバスパウダー

次にランキング2位に輝いたのは「ミネラルバスパウダー」になります。この入浴剤には雪塩と海塩の2種類の塩が配合されていますので、塩がもともと持っている効能でもある発汗作用や代謝アップには、高い効果を誇る入浴剤となっています。
通常、塩にはマグネシウムとカリウムも豊富に含まれていますので、肌を引き締める効果も期待できるのですが「ミネラルバスパウダー」に使用されている雪塩には通常の塩の約150倍ものマグネシウムが含まれていると言われていますので、肌の引き締め効果も格段に違いますので、継続して使用を続ければ効果を実感できるでしょう。

3位・きき湯

最後にランキング3位に輝いたのは「きき湯」になります。この「きき湯」は様々なシリーズがありますので、それぞれに違った効果があります。
食塩炭酸湯は塩化ナトリウムを有効成分として配合していて、温熱効果を高める作用がありますので、末端神経まで血液が行き渡り新陳代謝を高める効果を持っています。
クレイ重曹炭酸湯には炭酸水素ナトリウムが配合されていますので、入浴時の毛穴の開きを良くしてくれて、毛穴に詰まった皮脂や角質などを除去しやすくなりますので、肌環境を保つには最適な入浴剤です。
この他にも「きき湯」には様々なシリーズがあり、それぞれに違った効果がありますので、自分に合った入浴剤を探してみるのも良いでしょう。

参考サイト

美容効果のある入浴剤の情報は以下のサイトを参考にしました
通販で人気の入浴剤ランキング

正しい入浴方法とは?

入浴は小さい頃から当たり前に行ってきたものですが、実は正しい入浴方法というものがあり、それに沿って入浴することで、入浴剤が持つ美容効果をさらに高めることができます。
具体的な美容効果のある入浴方法ですが、まずは身体を洗う時、ナイロンタオルなど素材の繊維が硬いものを使用してしまうと、肌を傷つける恐れがあります。素材の繊維が柔らかいタオルで洗うか、もしくは手で優しく洗うようにしてください。
美容に効果的な入浴剤を使用する時も、長時間、入浴すれば良いという訳ではありません。実は全身入浴は10分から15分程度で十分で、それ以上の時間をかけてしまうと、皮膚の潤い成分であるセラミドがお湯に溶け出してしまいます。
入浴時には、お湯を39度程度の温度に設定して、10分から長くても20分程度を目安に入浴するようにしてください。熱すぎるお湯は、肌の潤いを保つセラミドがさらに溶け出しやすいので注意が必要です。
美容効果を考えた入浴の場合には、熱すぎるお湯と長風呂は禁物ですので、この2つに注意しながら入浴をしてください。
また入浴時に美容効果のある入浴剤を使用している場合には、美容成分を肌に塗りこむようにマッサージをしながら入浴すると、美容成分が肌により吸収されやすくなります。
このように正しい入浴を行うことで、以下の3つの効果を得ることができるようになります。
まず1つ目に、発汗を促して新陳代謝を活発にしてくれますので、老廃物の排出に効果的です。
次に浮力効果がありますので、浮力を受けて体が軽くなることで、心身共にリラックスすることができます。
最後に、入浴時には水圧が全身にかかりますので、その水圧効果によって血行が促されて、血流のめぐりが良くなりますので、末端冷え性の改善に効果があります。
ちなみにこの入浴方法はあくまでも美容に効果的な入浴方法ですので、ダイエットに効果がある入浴方法や疲れを回復させる入浴方法などは異なります。

バスソルトは入浴以外にも使い方がある?

バスソルトは、入浴時に使用すると発汗作用や血行促進など様々な効果が期待できるものですが、実はバスソルトは入浴時以外にも使い方があるのをご存知でしょうか。
本来、バスソルトは入浴時に使用するものなので、その時だけの使用でももちろん良いのですが、他の使用方法も知っておくとさらに効果的に活用できます。
では入浴以外のバスソルトの活用方法ですが、まずは足湯として使う方法があります。もともと入浴時に使用するものですから、当然足湯だけに使うことも問題ありません。
例えば風邪をひいている時や、女性であれば生理中など、通常の入浴が困難な時には足湯は効果的です。足は身体を温める為に重要な部分ですので、足湯だけでも全身を温めることができて、その足湯にバスソルトを使用すると、さらに温熱効果を高めることができます。
次にバスソルトを活用する方法としては、マッサージがあります。バスソルトにはマグネシウムやカリウムなどが含まれていて、発汗作用も持っているのでマッサージをする際に使用しても効果があります。
ただし、バスソルトをマッサージとして使用する際はボディスクラブのような細かい粒のものがおすすめです。
バスソルトを使ったマッサージの方法ですが、まず大さじ1杯程度のバスソルトを手の平にのせてぬるま湯やボディオイルなどを混ぜ合わせます。ちなみに全身に使用したい場合には大さじ2杯程度のバスソルトが必要です。
しっかりと混ぜ合わせたら、それを腕や足などに円を描くようにして馴染ませます。この際、あまり力を加えると肌を傷つける恐れがありますので、優しくマッサージをするように馴染ませましょう。
マッサージを終えたら、最後にぬるま湯でしっかりと洗い流し、ボディクリームや化粧水、乳液などで肌を保湿して完了です。
このバスソルトを使ったマッサージは、毎日おこなうと逆効果になりますので、多くても1週間に2回程度にしてください。また、肌に傷がある場合や日焼けをしている場合には控えましょう。
このように、バスソルトは入浴以外にも使用することができます。正しい使い方をすればより多くの美容効果を得ることができますので、是非有効活用してみてください。